日本女性会議とやまについての報告


 1017-18日に富山市で開催された日本女性会議2008とやまに、当研究会から荻上、斉藤が参加した。この会議の参加者は2600名と男女共同参画運動としては日本でトップ級の規模を誇る。しかし、参加者からの聞き取りによれば、全国の自治体関係者が日頃つきあいのある民間団体関係者とのバス旅行で親睦を図る目的を兼ねているという面もあるという。実際の会場は加藤登紀子による歌や富山の民謡などが賑やかに披露されお祭り的な要素も随所に見られるものであった。

 日本女性会議とやまではお祭り的なイベントが多く、情報メディアをテーマとした分科会やフォーラムがまったくないことから、当研究会では独自に1018日富山市の会場近くで当研究会の荻上による「大人から始めるインターネット」という企画を実施した。地元富山の方や日本女性会議に参加されている大阪、広島からなど約20名の熱心な参加があった。Lanに接続してネット情報を見せながらインターネット情報について「ネットいじめ」や「学校裏サイト」などの課題があることが話された。

 また、この日本女性会議とやまは、いわゆる「バックラッシュ」派と目されてきた首長が音頭をとって開催した男女共同参画イベントであった。これまで「ジェンダーフリー論争」や「ジェンダー」に対するバックラッシュの議論では、「バックラッシュ」勢力対「男女共同参画」勢力といった図式で語られることが多く、モグラたたきのようでも一つ一つ対抗手段をとっていく必要があると指摘されてきた。しかしながらこの日本女性会議とやまは、これまでの「バックラッシュ」の分析ではとらえきれない妥協的なイベントであった。男女共同参画政策の評価については、二元的ではない新たな分析方法が考察される必要があるように思われる。


広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。