富山でのインターネット研究集会

 

 10月18日富山市のオークスカナルパークホテル檜の間で荻上チキを講師として「大人から始めるインターネット」という研究集会を開いた。富山市で開催されていた日本女性会議に参加されていた大阪、広島の方などの参加があった。日本女性会議では、情報社会、ネット発信、ネット社会などに関する分科会や講演がなかったので、男女共同参画とネットに関する問題がどうなっているのか、情報収集を兼ねてこのような研究集会を開催した。

 荻上は、会場からネットにアクセスし実際の「学校裏サイト」につなげ、参加者の質問に答えつつ、以下のような話をした。

 ケータイやネットというメディアは「この社会のあらゆる人やものをつなげる道具」。だれもがネットにつながるゆえに「子ども」にもつながる、すべてにつながるということで予期せぬリスクが生じる、犯罪やメッセージが誤配されることもつながる。しかしながら、ケータイインターネットの利用率は、6-12歳で急増中である。しかも年長者はアドバイス出来ない。教育が成立しない中で利用が進んでいる。とりわけ子どもが先に進んでいる状態であることにこの問題の難しさがある。特に、ネットは闇社会などとそれに触れていない人ほど「ネットはこわい」とみなしがちである。メディアの影響は、自分よりも他者の方に大きいとみなす「第三者効果」により、必要以上に規制を主張するような動きも懸念される。福田元首相が、ネットいじめを防止するために、ケータイを使わせないと言ったことがあったが、一種必要な道具となっていることを無視した発言であった。解決策としては、一般的には、1)問題の正しい所在を知り、2)有効な対策を考え、3)可能な形で実行する、4)新たな問題を発見する、というプロセスを繰り返しつつ、上手な使い方を共有するしかない。

 

 この研究集会については、荻上チキさん富山集会の報告 において報告されている。

 

 

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。