アジア研究学会の「ジェンダーフリー」パネル報告#2

シカゴで開催されたアジア研究学会(Association for Asian Studies)で行ったパネルについて、既に斉藤正美さんの報告が当ブログにあがっているが、ちょっとした追加報告をあげておきたい。

今回のパネルは、ネット上およびリアル政治における「ジェンダーフリー」をめぐる係争と、その後の展開について、および骨抜き状態になっている「男女共同参画」の現状をテーマとした。私はいままで、アメリカでの学会のオーガナイザーを何度かやってきたが、これほど一貫したテーマですべての発表が行われるパネルは珍しい。前もってお互いの発表内容も交換し、このテーマについて議論を積み重ねてきたこともあり、発表についてもほかのパネリストの発表にも言及しつつのものとなり、パネルとしてとてもまとまったものとなった。結果としてとても充実した議論につながったのは、オーガナイザー冥利につきた。発表者の皆さん、およびディスカッサントの山口一男さんに感謝したい。そして、会場にいらしていただいた皆様にも。

まず私(山口智美)が、「ジェンダーフリー」という言葉が「発見」された1995年から現在に至るまでの、「ジェンダーフリー論争」の背景を説明する発表をした。双風舎編集部編『バックラッシュ!』掲載の、「ジェンダーフリー論争とフェミニズムの失われた10年」論文の内容に、2006年から現在に至るまでの展開を加えた内容の発表である。とくに、フェミニズム側が「バックラッシュ」というものを、現状分析が欠落したまま、「フェミニズムが成功した成果のあらわれ」であると妙にポジティブに捉えたり(斉藤さんも言及している岩波『日本のフェミニズム』増補版の記述などがこれにあたる)、あるいは逆に一方的に「怖いもの」「下らないもの」であるとして、とくにネット上のバックラッシュについてタッチしないで放置というスタンスをとってきたことなどの問題にも言及した。ローレン・コーカーさんは、「ジェンダーフリー」という言葉の中の「ジェンダー」に着目。日本のフェミニズムというコンテクストで、「ジェンダーフリー」の起源であるとされた(それは間違いだったわけだが)バーバラ・ヒューストンのほかに、いかにクリスティン・デルフィーの「ジェンダー」概念がとりいれられていったかについて論じた。それは、バトラーらの「ジェンダー」概念が広がっているアメリカでは、一般的にわかりづらい概念であるという。このローレンさんのデルフィについての発表と、私のヒューストンの論文中の「ジェンダーフリー」が日本で間違って解釈され、使われたという議論をあわせることで、日本における「ジェンダーフリー」概念の発生についての背景についてかなり説明できたのではないかと思う。

荻上チキさんは、「ジェンダーフリー論争」をめぐり、ネット上で起きたフェミニズムバッシングについて解説、分析する発表だった。自ら「ジェンダーフリーとは」のまとめサイトを作り、バッシングの流れと違うフローを作ったという経験に基づき、日本のネット文化のひとつの特徴でもある「まとめサイト」が果たす役割であるとか、こういったネット上の動きが「ポスト社会運動」といえるものになっているが、そういった動きにフェミニズムが対応できていないことなども指摘した。実は今回のパネルは、荻上さんにとっては英語発表デビューだったのだが、見事にばっちりとこなしておられた。その後、小山エミさんが、「ジェンダーフリー論争」以降の動きとして、毎日新聞のwaiwaiをめぐる騒動と、国籍法改正をめぐる騒動の2つのネット上での動きをとりあげ、その動きの背景にあるセクシズムと排外主義について言及。それらの動きは実際の社会運動、政治的な動きにもつながってくるものだと指摘した。荻上さんと小山さんの発表は、両方ともネットにおける「運動」が実際の政治や社会に大きなインパクトを与えうる動きである(そして実際に与えている)ことの重要性を指摘したものだったと思う。

斉藤さんの発表は、いくつかの県や市などで導入されているという「男女共同参画推進員制度」について、とくに富山のケースに焦点をあてて分析しつつ、「男女共同参画」の地方における実践が、料理教室、寸劇、カルタなど、いかに実効性がない、ある意味無意味なものになってしまっているかについて議論したものだった。「ジェンダーフリー」という言葉を使い推進された「市民の意識啓発」は、「ジェンダーフリー」という言葉が行政の場であまり使われなくなった現在でも実質上続いており、それがむしろ「男女共同参画」の実現にマイナスに影響しているのでは、という指摘だった。そして、「ワークライフバランス」など、国の男女共同参画政策に実際に関わり、詳しいディスカッサントの山口一男さんが、現在の日本の「男女共同参画」政策の問題を指摘、とくに、地方での動きがいかに実際の平等の達成というゴールから無関係なものになっているか、と指摘した。斉藤さんの発表と山口一男さんのコメントで、日本の男女共同参画政策の問題点がかなり浮き彫りになったと思う。

そして、このパネルおよび議論の中で、小山エミさんも発表の中で指摘していたのだが、リベラル側のネットの積極活用が目立つアメリカに対し、保守側のネット活用が目立つ日本、という対比がどこからくるのか、という新たな論点がでてきた。この論点に関連し、当研究会でもより一層研究をすすめていこうと考えている。

パネル自体も成果が大きかったが、自分たちのパネル以外でも、ほかのパネルへの出席や、学会で出会った研究者の方々との会話、議論などを通して、新たな視点を得られたことも大きい。

パネル準備期間、シカゴでの滞在中ともに、パネルの皆さんと議論を積み重ねる機会をもてたことがなんといってもよかった。このパネル実施を可能にしてくださった、サントリー文化財団の助成プログラムに心から感謝したい。

広告

アジア研究学会パネル発表の報告

 2009年3月26-27日の両日、シカゴ の街中シェラトンホテルでのアジア研究学会(Association for Asian Studies)2009年年次大会に参加して思ったことを少し報告する。なお、わたしたちの発表プログラムはここにあります。概要は、本サイト個人サイトでも紹介しています。

 この期間、日本では桜の開花が言われている時期であるが、現地は寒く、帰路は雪に見舞われフライトも雪を解かす作業で大幅に遅れる始末であった。

 わずか2日半のシカゴ滞在であったが、パネル発表における討論者との発表内容についての議論およびその会場に来られていた方からのコメントやその後の参加者との会話を通じて、これまで考えてきたことを確認したり新たに発展させることができたのは最大の成果であった。われわれの旅費を出していただいたサントリー文化財団に感謝したい。

  まず、パネリストである山口智美、ローレン・コーカー、荻上チキ、小山エミさんの発表とのつながりから考えること、および討論者の山口一男さん(シカゴ大学社会学)からのコメントを通じて考えたことは多かった。特に山口一男さんは国の男女共同参画政策にも関わりをもっておられるので、わたしが富山における男女共同参画政策の現状を話したことに関心をもってくださったようだでそのコメントから得ることは多かった。

 例えば、わたし(斉藤)の報告では、富山ではワークライフバランス政策が子ども向けカルタなどの意識啓発の対象となっていることや男女共同参画推進制度が寸劇をやることや男の料理教室を開催するなど、「男女ともに協力する」ということに傾斜している実情を話した。

 そうしたことについて、討論者の山口一男さんは、地方では男女共同参画の法律が施行されていても、実質的には骨の髄まで抜かれている(”taking-out-the-teeth”)現状(Honenuki)と評された。

 会場からも質問が出て女性運動が取り込まれたり弱体化しているのではないか、他にもっと有効な運動はないのかと懸念するコメントもいただいた。自分の書物で引用したいが書いたものはないかという質問も受けた。このような反響があったのはおそらく、般に出回っている日本の男女共同参画制度の評価と私が紹介した内容がかなり相反するものであったこともあるだろう。

 というのも、最近のフェミニズム系の書物を読むと、「九〇年代からの一五年間は、日本においてジェンダー政策が主流化し、女性学が制度的な知の再生産のもとで若手の研究者を次々に送り出すなど、多様で多産な時期でした。その成果に脅威を感じるかのように、フェミニズムに対するバックラッシュすら登場しました」(岩波『新編日本のフェミニズム』)というように、日本のフェミニズムは「バックラッシュ」を受けるほど政策が主流化し成果を挙げたという評価になっているからだ。これは、山口智美さんもすでにご自身のサイトで考察しておられるので参照ください。

  このようにシカゴの学会では、男女共同参画政策が成功しているという一般的な見解は異なる現状の一端を示してきたのであった。