性的少数者情報のアーカイヴ形成についての研究会開催のお知らせ

12月25日(金)に、小澤かおるさん(首都大学東京大学院 社会学)を招いて研究会を開催します。お気軽にご参加ください。

「性的少数者情報のアーカイヴ形成について」
小澤かおるさんによるプレゼンテーション(博士論文の研究計画発表)の後、質疑応答、議論

日時:12月25日(金)午後2時〜5時
場所:東京ウィメンズプラザ 第一会議室A
問い合わせ先:グローカルフェミニズム研究会 斉藤正美 saitoh あっとまーく p1.tcnet.ne.jp

2009年日本女性学会「ジェンダーフリー」ワークショップレポートおよび配布資料掲載

2009年6月にお茶の水女子大学で開催された、日本女性学会でのワークショップ『「ジェンダーフリー」と「バックラッシュ」を再考する』のレポートを、フェミニズムの歴史と理論サイトに掲載しました。

また、その時に配布した資料である、『「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」をめぐるこれまでの女性学での経緯』も同サイトに掲載しました。

ぜひご覧ください。

「ヘイトスピーチは許せない。『行動する保守』とどう向き合うか。」 集会報告を掲載

「フェミニズムの歴史と理論」サイトに、新たに「ゲスト投稿記事」コーナーを設置しました。その第一弾として、ozawakさん執筆の、2009年8月14日開催の「ヘイトスピーチは許せない。『行動する保守』とどう向き合うか。」 集会報告記事を掲載しました。以下のリンクをクリックすると該当記事に飛びますので、ぜひご覧ください。

「ヘイトスピーチは許せない。『行動する保守』とどう向き合うか。」 集会報告 by ozawak

マサキチトセ vs 斉藤正美 (?)

仰々しいタイトルですが(笑)、ぼくマサキチトセによる以下の2つの記事:

について、斉藤正美さんが応答記事を書きました。以下のリンクをクリックするとフェミニズムの歴史と理論サイトの該当記事に飛べます。

サントリー文化財団からの助成継続が決まりました

当研究会は、『メディアイベントとしての「ジェンダーフリー論争」と「男女共同参画」の未来』という研究プロジェクトを行っており、2008年度のサントリー文化財団「人文科学、社会科学に関する研究助成」を受けていましたが、このたび、2009年度にも継続して助成をいただけることに決まりました。
2008年度に行った様々なプロジェクトを継続、発展させ、成果につなげたいと思っております。

サントリー文化財団の「人文科学、社会科学に関する研究助成」に関するニュースリリースはこちらをご参照ください。助成対象研究のリストもアップされています。

山口智美「『ジェンダーフリー』論争とフェミニズム運動の失われた10年」などウェブ公開

「フェミニズムの歴史と理論」サイトに、山口智美「ジェンダーフリー」論争とフェミニズム運動の失われた10年」(双風舎編集部編『バックラッシュ!なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?』掲載論文)を掲載しました。

また、荻上チキ、斉藤正美、山口智美による、ジェンダーフリーやバックラッシュをめぐる女性学での議論を年表形式にまとめた、「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」をめぐる女性学での経緯(日本女性学会2009年度大会ワークショップ『「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」を再考する』配布資料)もアップしました。

「フェミニズムの歴史と理論」サイト

当研究会のプロジェクトの一環として、新しく「フェミニズムの歴史と理論」というサイトを立ち上げました。まだ作成途中の状態ですが、とりあえず、斉藤正美&山口智美による「ジェンダーフリーとフェミニズム」サイトに掲載されていたコンテンツは、すべてこの「フェミニズムと歴史と理論」サイトの中の「ジェンダーフリーとフェミニズム」のほうに移行しましたことをお知らせします。

徐々にとなりますが、この新しい「フェミニズムの歴史と理論」のほうを充実させていきたいと思っています。